AGA治療レポート

ゴリラクリニックでAGA治療をしています。

ひとまず発毛させるAGA治療は終了しました。今は発毛した状態を維持する現状維持治療へと移行しています。

AGA治療をするタイミングでブログを立ち上げ、治療記録をつけようと思っていましたが、全然記録をつけることが出来ず、ブログを放置している間にひとまずAGA治療終了ということになってしました。

厳密には終了していませんが、発毛させるための治療は一旦終了となり、今現在は生えた状態を維持する治療に移行しています。

今後の変化は、今度こそリアルタイムでブログにて報告していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

治療開始から、今現在の維持治療にいたるまでの経緯をご紹介します。

すごく長いですけど、今薄毛をどうしようか悩んでいる人にとってはきっと役立つ情報になっていると思うので是非最後まで読んでみてください。

薄毛に悩み、育毛シャンプーや育毛剤を利用して育毛する日々

詳しくは自己紹介に書きましたけど、昔から薄毛を気にして育毛シャンプーなど、髪を生やす努力をしてきました。

20代後半になり、いよいよ怪しくなってきたのですが、育毛剤、育毛シャンプーを投下してもいまいち効果が出ません。

僕はタバコも吸いませんし、お酒もほとんど飲みません。

健康や美容に興味がある人間なので、どちらかといえば、カラダや髪に悪影響を与えそうな不健康な生活とは程遠い生活を送ってきました。書籍などを読む限り、髪にGOODな生活と言われる部類の生活です。

それでも髪は薄くなる一方です。

どうやら、生活習慣だの食生活だの、そういうのは関係ないのではなかろうか…。いつしかそう考えるようになりました。

そして、AGA(男性型脱毛症)という薄毛の存在を知ったのです。

AGAについて調べる

本やネットでAGAの情報を集めました。

AGAは男性ホルモンが原因の薄毛で、遺伝や体質による部分が大きく、生活習慣や食生活などでの改善は難しい。

改善には、医薬品を使って薄毛化させる悪い男性ホルモンの働きを抑える必要がある。

つまり、病院で治療をするしか道はないということを知りました。

AGA治療。

その言葉は何となく聞いたことがありましたけど、まさか自分が病院でハゲの治療をするなんて思ってもみませんでした。ここまで調べても、まだどこか他人事のような感覚でいたのを覚えています。それくらい病院でのハゲ治療がどんなものか想像つかなかったのです。

もっと調べていくと、以下のようなことがわかりました。

 

日本で承認されたAGA治療の薬が登場したのは割りと最近。2000年代に入ってから。

薬の名前はプロペシア。有効成分名がフィナステリド。

皮膚科とか、総合病院とかで普通に処方してもらえるけど、保健適用外の自由診療。つまり全部自費。

薬の料金は、1ヶ月分大体7000円~1万円くらい。病院によって異なる。

毎日1錠飲み続ける。

薄毛の進行を止める効果がある。生えるかどうかは人によって異なる。継続することで生える可能性がアップする。

副作用がある。EDや、精子減少など。臨床で報告はされているが、そこまで多くはない。国内承認された薬なので、そこまで心配するほどではない模様。

 

気になったのが2点。

基本は薄毛の進行を止める薬なので、生えるかどうかは人によるという部分。

副作用の部分。

これ以上薄毛が進行しないようにするのは大事だけど、今の時点で薄いと感じているのだから、生えてくれないと意味がないんですけど…。そう思った記憶があります。

インポになるかもというリスクを背負いながら、ハゲが改善しなかったらそれこそ泣きっ面に蜂。しかも、月7000円~レベルの料金を払いながら。

すぐに治療しようという気持ちにはなりませんでしたね。

AGA治療専門病院の存在を知る

そして色々調べていくうちに知ったのがAGA専門病院の存在。

AGA治療だけを専門に行っているところもあれば、美容クリニックの中にAGA専門外来を用意している病院など、細部に違いはありますが、薄毛治療を専門に行う病院やドクターの存在を知りました。

そういったAGA病院の治療内容は、単にフィナステリドを処方するだけではなく、維持だけでなく発毛を促進する薬などを利用できるということ。

薄毛の症状にあわせて、育毛メソセラピーや植毛といった外科手術治療もあることを知りました。

どうせやるならこれだ。

AGA専門病院での生やすための治療だ。

そう思いました。

しかしながら、その費用を知ってまたビックリ。

プロペシア以外にも生やすための薬を色々併用すると薬代だけで月額2万円以上かかる病院がほとんどだったのです。

効果が出るまでに半年程度は継続する必要があるとのことなので、半年で12万円。うーんどうしよう。迷いましたね。

それで、一旦他の方法も模索しました。

病院での治療以外で薄毛を改善する方法を模索

育毛剤とか育毛シャンプー、生活習慣・食生活の改善といった方法は全然効果がなかったので、自分の薄毛はAGAであろうと確信していました。

AGAは病院の薬による治療でしか改善が難しいということなので、病院での治療以外で改善となると、かなり限られますが、幾つか存在しました。

個人輸入で薬を入手する方法

AGA治療薬は国内未承認薬を含め、海外から個人輸入という形で入手できるようです。

実際に利用している人もかなり多いようで、個人輸入代行サイトを利用すれば、ECサイト感覚で薬を購入できちゃいます。

個人輸入で薬を入手するメリットは何といってもその価格の安さ。

日本で承認されていない海外のジェネリック版であれば、国内価格の10分の1以下で購入できるものもあります。

 

月数百円レベルです。これには少し心ゆらぎましたけど、個人輸入は色々とリスクがあって怖いのでやっぱりナシです。

まず、副作用の心配がある薬を医師の指導もナシに服用する勇気がない。

ニセモノだったりしても何の保証もない。

海外製のジェネリックとか怖い。

怖すぎます。お金よりも安心を取りたいです。

病院以外での薄毛改善

病院以外となると、リーブ21やアデランスといったサロンでの育毛。

一応調べましたけど、こちらも料金が高い。

結局お金がかかるなら病院でいいかなって気になりました。

その際に知ったのが増毛。

つまり、かつらとかですね。

アデランスやアートネイチャーはもともとかつらメーカーで、育毛もやっているけど、メインは増毛ということを知りました。

増毛は自分の髪を生やすとかそういうことではなく、薄毛を隠すという方向の薄毛対策です。

頭皮があらわとなったツルツル部分を覆い隠すかつらしかイメージがわかなかったのですが、残っている髪に人工の毛を結びつける方法も今は人気のようです。

やっぱりまだ自分の髪が生やすということを望んでいたので増毛路線はすぐに却下となりましたけど、各メーカー毎に色んな増毛方法があり、その技術が素晴らしいことに驚きました。発毛がダメだったら、増毛で薄毛を隠すのもアリかと思いましたね。

わかりやすい増毛比較

病院でのAGA治療に決定

色々調べた結果。結局専門病院での治療が一番コストパフォーマンスが高いということに気付きます。

毎月のランニングコストを考えると高いように感じますけど、色々遠回りして結局病院で治療となった場合、遠回りした分の費用が無駄になります。そして、AGA治療経験者はみなさん同じようにそう言っていたのです。

「最初からAGA治療すればよかった。」

継続しなければいけないというのも引っかかっていたのですが、早い段階で薄毛を改善したら、そこからは維持のための治療に移行できるということを知りました。それで薬の量を減らすなどすれば、体への負担はもちろん、毎月のコストも減らしながら、薄毛じゃない状態を維持できるということに気付いたのです。

病院でのAGA治療に決めた理由

病院でのAGA治療が一番効果が高そうなので、遠回りをせずに一番効果が高いものからはじめることで結果として安くすむと思ったから。

副作用は報告されているけど、病院で治療するのではあれば医師の指導もあるし、自分勝手に色々やるよりは安心だろうと思ったから。

すでに大勢の患者が治療し、薄毛を改善している実績のある専門病院が多数存在するから。

ランニングコストはかかるけど、早めに改善して維持治療に移行することで月額コストを抑えることができると知ったから。

フィナステリドだけ服用するのであれば、月額4000円以下で処方してくれるような薬代の安い病院があることを知ったから。

早い段階で治療することで、予防効果も出て、結果として治療費をかけずに済むということを知ったから。進行した薄毛は薬だけでは効果が出なかったりするので、育毛メソセラピーや植毛、最終的には増毛といった手段を選ばなければいけなくなるなど、結局コストが高くつくことに気付いたため。

AGA病院の選び方

いよいよAGA病院選びです。

以下の点をチェックしました。

家から通える。

一般病院や皮膚科などではなく、AGA治療専門病院、もしくはAGA専門外来。

過去の実績。生えた人の症例写真やネットの口コミなどで、治療効果がしっかり出ているかどうかをチェック。

発毛効果のある治療薬セットと、育毛メソセラピーができる病院。もし、薬だけで効果が出なかった場合の保険として、効果が凄いと言われるメソセラピー治療もできる病院を選定。

月額コストがなるべく安いところ。

以上をふまえて最終的に以下の3つの病院にしぼりました。

銀座総合美容クリニック、湘南美容クリニック、ゴリラクリニック。

最終的にゴリラクリニックを選んで、今もゴリラクリニックに通っていますけど、この3つの病院であれば、AGA治療内容、実績、料金という部分ではどこでも良かったんです。通いやすさと、あと最初に診断を受けたことが理由でゴリラクリニックに決めた感じです。

なぜゴリラクリニックに決めたのか?

銀クリ、湘南美容クリニックは、共にAGA治療の実績が豊富な病院です。治療効果も高く、月額費用も2万円以下におさまる。そしてメソセラピー治療もある。かなり有力です。

特に銀クリは、今現在国内NO.1の患者数で、ネット上の口コミもかなり良い。最初は銀クリ一択かなと思っていました。が、場所が新橋・銀座。僕のテリトリーからは少し遠いんです。月一であれば通える距離ではありますけど、ちょっと面倒臭いな~ってくらいの距離。仕事が忙しい中、休み一日が通院で潰れてしまうのはどうなの?と思い、泣く泣く銀クリを候補から外します。

次は湘南美容クリニック。こちらは全国にたくさんのクリニックがあり、通いやすい距離にもありました。関東圏のAGA治療の本院は新宿のようですけど、植毛治療以外であれば、他でも問題なく治療可能とのこと。医師が直接カウンセリングをしてくれるというし、まずは無料のカウンセリングを受けてみることにしました。

気持ちが大分湘南美容クリニックに定まりかけたそのとき、メンズ脱毛で有名らしいゴリラクリニックという男性専門の美容クリニックにAGA専門外来があることを知ります。しかも、オリジナル治療薬で月額コストも16000円台とかなり安い。そして、うちから最寄のクリニックもある。知らないお笑い芸人が薄毛治療を受けていたりして、実績もそれなりにありそう。俄然興味がわきます。そして、極めつけは無料のヘアチェックを行っていること。

ゴリラクリニックの無料ヘアチェックと、湘南美容クリニックの無料カウンセリング、両方を受けてみることにしました。

病院を決める場合、気になるところを幾つかピックアップしたら、無料カウンセリングに行ってみて決めた方がいいと言われています。実際に行ってみると、合う合わないがあるらしいので。結論、僕の場合はどちらも良かった。しいて言えば、ゴリラクリニックの無料ヘアチェックよりも、湘南美容クリニックのドクターのカウンセリングの方が良かったかもしれません。凄く丁寧でわかりやすかったし、薄毛の悩みを専門の医師に相談できることがこんなにも気持ちが安らぐものだなんて知りませんでした。

そして、ゴリラクリニックの方も無料ヘアチェックのあと、流れで医師が無料で診察というかカウンセリングしてくださいました。

両方行ってみた感想としては、本当に病院。エステみたいな勧誘を心配する人がいらっしゃいます。僕自身も実は心配していました。でも、そんなのは全然ないです。やるやらないは自分で決めることです。

どちらの病院もその場では何も決めずに帰りました。

そして、結局はゴリラクリニックを選びました。

最終的な決め手は月額コストです。

少しだけゴリラクリニックの方が安かった…。それだけです。

通院距離がゴリラクリニックの方が遠かったら湘南美容クリニックにしていたと思います。

AGA治療開始

初期の薄毛ということで、フィナステリドとミノキシジル内服、ビタミンなどが配合されたオリジナル治療薬ミノフィアGを服用することになりました。

初回9,800円で次月以降月額16,000円。

当初の2万円以下という予算内に十分収まります。

3ヶ月くらいで前頭部が生えてきて、半年後には頭部全体が大分濃くなりました。

気にしていた箇所は前頭部と側頭部。

前頭部の薄毛は大分気にならないレベルに解消されましたが、側頭部は水にぬれたりするとまだ気になる。

一年近く経った頃に、側頭部への効果を考え薬を変えることにしました。

フィナステリドに次ぐ、第二の薄毛治療薬として承認されたデュタステリド。

もともとAGAの原因とされていた男性ホルモン(厳密には男性ホルモンに影響を与える酵素)以外にも作用するとされるデュタステリド。フィナステリドでは効果がなかった人や効果がなかった部位などにも効果が出たりするようなので、期待。

半年ほど使ってみましたけど、やや増え程度だったのでここであきらめ。

今の状態を維持する治療に入ります。

現状維持治療はプロペシア

現状維持治療への移行となります。

薬はプロペシアだけを服用することにしました。

しかしながら、ゴリラクリニックはプロペシアの月額費用が高いので少し考え中です。

今のところ、しっかり維持できているので、薄毛治療については何の不満もありません。

問題なく現状維持できています。

最後の方が駆け足になりましたけど、以上がAGA治療開始前から今までのおおまかな流れです。

ありがたいことに、治療に関して何も問題なく薄毛改善へといたりました。

早めの治療が功を奏したと考えています。

心配していた性関係の副作用もありませんでしたし、初期脱毛もほとんど感じませんでした。

ただ、一つだけ出てしまった副作用が全身の多毛。

これはミノキシジル内服の副作用ですが、僕の場合、もともと体毛が濃いのもあって、かなり濃くなりましたね。

これは人によって出方が異なるようなので、何とも言えません。

今はプロペシアだけ服用していて、2ヶ月に1回通院して頭髪状況をチェックしてもらい、薬を処方してもらっています。

色々楽です。

薄毛で悩むことはなくなりましたし、不安に感じることもなくなりました。

人に薄毛を指摘されることもなくなりました。

プロペシアも辞めていいんじゃないかという気持ちにさえなります。一旦辞めてみるのもアリとドクターはおっしゃってくれるので、いずれは辞めてみてもいいかなって気持ちでいます。辞めて再び薄毛になったらAGA治療すればいいわけですから。ドクターもそうおっしゃってくださいました。

そう考えると、気持ちが凄く楽です。

ハゲたら一生の終わり。

そう考えていた頃がウソのようです。

悩んでいるなら早めに行動してくださいね。

引き続き、治療情報をお届けしていきます。